ニコライ 二 世

ニコライ 二 世

ニコライ 二 世



ニコライ2世(ロシア語: Николай II, ラテン文字転写: Nikolai II、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、ロシア語: Николай Александрович Романов, ラテン文字転写: Nikolai Aleksandrovich Romanov、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。

皇后は

皇后は

ロマノフ家の処刑(Расстрел царской семьи)とは、ロシア帝国のロマノフ家(皇帝ニコライ2世や妻のアレクサンドラ・フョードロヴナ、二人の5人の子供オリガ、タチアナ、マリヤ、アナスタシア、アレクセイ)と幽閉先に同行することを選んだ人すべて(有名なところではエフゲニー・ボトキンやアンナ・デミドヴァ、アレクセイ・トルップ、イヴァン・ハリトーノフ)が、1918年7月17日にエカテリンブルクのイパチェフ館で射殺・銃剣突き・銃床で殴る(英語版) などによって殺害された事件である。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ニコライ2世の用語解説 - [生]1868.5.18. ツァールスコエセロ[没]1918.7.16/17. エカテリンブルグ帝政ロシア最後の皇帝 (在位 1894~1917) 。アレクサンドル3世の長男。 k.p.ポベドノスツェフの訓育を受け,皇帝権不可侵の思想を吹込まれた。

このような危機にもかかわらず、ニコライ2世は宗教家ラスプーチンを重用し、政治は混乱した。この危機に国内の矛盾が一気に噴出し、1917年二月革命(三月革命)が勃発、3月15日に退位した。その後、反動勢力に利用されることを恐れた革命政府に捕らえ ...

ニコライ二世 (ロマノフ、ニコライ・アレクサンドロヴィチ) Николай ii (Романов, Николай Александрович) (1868-1918) 皇帝在位 1894~1917年。 1868年5月6日、ロシア皇帝アレクサンドル三世の長子として誕生した。

ニコライ2世は、皇太子時代(当時22歳)に日本を訪れています。父であるロシア皇帝アレクサンドル3世の名代としてシベリア鉄道の起工式に参列するため、1890年11月にロシアを離れ、エジプト、インド、スリランカ、シンガポール、ベトナム、中国などを巡遊し、明治24年(1891年)4月27

ニコライ2世とその家族についてご紹介する前に、ロマノフ朝の歴史について見ていきたいと思います。 名門貴族ミハイル・ロマノフによって1613年に開かれたロマノフ朝は、その300年の長い歴史の間にピョートル大帝やエカチェリーナ2世など、絶対的な力を持つ専制君主を輩出しました。

 · ロマノフ王朝の最期を描いたNetflix『ラスト・ツァーリ:ロマノフ家の終焉』。1891年、ニコライ2世は日本を訪問。暗殺が企てられたりもし(大津 ...

ニコライ 二 世 マチルダ ⭐ LINK ✅ ニコライ 二 世 マチルダ

Read more about ニコライ 二 世 マチルダ.

metram24.ru
krdnow.ru
hairmaster.ru

Comments:
Guest
Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.
Guest

Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.

Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Calendar
MoTuWeThFrStSu